かきくけこ

素材が際立つ ”窯焼き” と “ワイン” が織りなす美食の時間―。

福多亭のこだわり

福多亭の窯焼きステーキは職人に特別に注文して作られた“オリジナル炉窯”の中で、シェフがじっくりと時間を掛けて焼き上げます。
この炉窯の特徴は約800度まで上りつめる紀州・土佐備長炭の直火と、フランス・タンレルミタージュ産の白土で作られた煉瓦の遠赤外線による輻射熱(ふくしゃねつ)により、食材の持ち味を最大限に引き出せる事です。
窯焼きステーキならではの、カリッと香ばしく焼き上げられた表面、シェフが厳選した黒毛和牛本来のしっとりと繊細な味わいをシニアソムリエが選び抜いたワインと共に存分にお楽しみください。
店長 曽我大作、料理長福田裕一

店 長 曽我 大作 料理長 福田 裕一

店 長 曽我 大作 料理長 福田 裕一

1979年、大阪生まれ。10年間バーテンダーとして経験を積むも、ワインに傾倒しソムリエに転向。数軒のワインバーで勤務した後、ミルカレスのアシスタント・マネージャーとして3年間活躍。ワインをおいしく飲んで頂くための最適なサービスをご提供します。

店 長 曽我 大作 料理長 福田 裕一

1966年 大阪生まれ。調理師学校を卒業後、大阪の老舗イタリア料理店に入店しスーシェフを経験。その後、よりレヴェルの高いイタリア料理を追求するため渡伊。 約4年間のイタリア修行では、数軒の郷土料理店等で研鑽を積んだ後、イタリア初のミシュラン3つ星シェフである巨匠“グアルティエッロ・マルケージ氏”に師事し同店では全てのセクションを経験。 帰国後はイタリア料理店等でシェフとして活躍し、2016年5月より当店の料理長に就任。 妥協を許さないこだわりと、約30年のキャリアを活かした独自の手法により、日々ワインとのマリアージュを意識した料理を創作しております。

岡田 洋明

1983年兵庫県生まれ。大学在籍中から料理人の世界に興味を持ち、卒業後にイタリアンの名店イゾラベッラ本店に入店。 同店では関西料理界の重鎮である八島淳次シェフに師事し料理の基本を学ぶ。その後、ワインの華やかさに魅せられ、ソムリエ資格を取得し店舗マネージャーとして活躍。 現在福多亭では、料理人の経験とワインの知識を活かし、ソムリエ兼スーシェフとして活躍中。柔らかな語り口と笑顔でお客様をおもてなしします。